食欲不振に効くサプリ@口コミ人気ランキング

食欲不振に効くサプリ@口コミ人気ランキング

食べたいのに食べられないツラさは、本人でないと分からないもの。その原因はさまざまあります。

 

・ミネラル不足
・胃腸が弱い
・ストレス

 

ミネラル不足の中でも、亜鉛不足は食欲不振に強く関係しています。亜鉛が不足すると味覚障害となり、食べたくなくなるから。胃腸が弱いと消化や吸収のちからも弱く、胃腸にいつまでも食物があることで食欲は低下。ストレスは胃腸を荒らす原因です。

 

量が食べられない方の場合ミネラルが不足することも多く、それがさらなる食欲不振へつながります。そこでサプリの出番。食事で不足するミネラルの補給、弱い胃腸の改善、消化のサポートをします。当サイトでは、食欲不振に効くサプリをご紹介しています。食事がしっかり食べられるようになりたい方、必見です。

 

幸健生彩の特徴

漢方のちからで胃腸の調子を整えて食欲UPしてくれます。養命酒製造が本気で開発した、漢方系生薬の指定医薬部外品です。6種の生薬とビタミン、タウリンを配合し、胃腸と体の元気を取り戻します。胃腸が弱い体質、ストレスでお腹の調子が悪い、という方におすすめです。1日めやす4粒。ノンアルコール、ノンカフェインなので安心です。飲みやすさを追求したコーティング錠剤で、生薬の苦みや香りも気になりません。

価格 4,410円
評価 評価5
備考 6種の生薬・ビタミン・タウリン

 

元気セブンの特徴

30種の栄養素で不足分をしっかり補えるサプリです。食が細い、好き嫌いがある、外食が多いなど栄養の偏りが気になる方におすすめ。たくさんの栄養素をまとめてとれるマルチバランスサプリ。1日1袋(7粒)に30種の栄養成分が入っています。気になる亜鉛などビタミンやミネラルはもちろん、DHAや卵黄コリンなども。食品メーカーキューピーならではの安心サプリです。

価格 3,591円
評価 評価4
備考 30種の栄養成分・ビタミン・ミネラル

 

プルエルの特徴

消化酵素と漢方で食欲不振に効くサプリです。胃腸が弱くて食べられない、食べても太れないという方におすすめです。7つの消化酵素を配合して、胃腸での消化をしっかりサポート。また、7つの漢方が胃を健やかに、もたれを解消してくれます。体をつくる必須アミノ酸、不足しがちな亜鉛、ストレスに嬉しいギャバもプラス。1日めやす3粒。消化と吸収を助け、身体づくりをサポートするサプリです。

価格 5,980円
評価 評価3
備考 7つの漢方と消化酵素

 

食欲不振と亜鉛不足の関係性について

 

まず、亜鉛についてですが、亜鉛というのはミネラルの一つですが、食欲が出ないときにこの亜鉛が関係していることがあります。食生活の中で亜鉛がどういった働きをするのか、食欲不振とどう関係しているのかについて説明します。

 

多くの働きを担っているミネラルが亜鉛ですが、これは食事から摂取することが求められます。亜鉛は体内でタンパク質、核酸、糖、DNA合成、皮膚の新陳代謝、ホルモン合成や分泌などに関係しています。つまり身体にとって必要なミネラル分であるということが理解できるでしょう。

 

このような働きがある亜鉛ですが、不足してしまうと当然ですが身体に悪い影響が出てきてしまいます。主に味覚障害、食欲不振、元気が出ない、下痢、褥瘡の発生などがあります。この中の症状には現れても亜鉛不足が原因ということに気付かないということもありますが、もしこういった症状があれば亜鉛不足かもしれないということを疑ってみてください。亜鉛が不足すると色々な症状が出てきますが、もちろん亜鉛を補うことによって改善します。ですのでとにかく食事に気を使って亜鉛を出来るだけ摂取するようにしてください。もちろんサプリメントで補うというのも一つの方法になるでしょう。

 

また、それでも食欲不振が改善しないという場合に関しては、もしかしたら何かしらの病気である可能性も考えられます。ですので、気になるという方は早めに病院で診てもらうことが大切になります。

 

食欲不振には梅干がいい

 

食欲がなくなる原因というのは身体や心にあるなど幅広いです。その中で夏バテも食欲不振に陥る原因の一つとなりますが、夏の暑さによってストレスが蓄積されて食事もあまりとらずにいると、秋に一気に疲労が出てしまいます。

 

そんなときどうすればいいのかというと梅干をオススメします。梅干のことを考えたり、一口食べると唾液が分泌されます。これは酸味が舌に触れることで体内の消化器官に刺激が伝わって消化液が分泌されるからです。唾液も消化液の一つですが、さらに胃酸も分泌されて、食べ物が胃に到達するのを待っています。

 

このタイミングで食事が出来ると最高の状態なのですが、食欲がないときに無理に食べ物を食べると当然消化不良を引き起こしてしまいます。だからこそ梅干は食欲不振の際には是非食べてもらいたいのですが、梅干は食欲不振を改善するだけではなく、成分の一つであるクエン酸の働きによって新陳代謝を促してくれる効果もあります。病気になるとおかゆと梅干を出すイメージがありますが、これは梅干の酸味によって消化器官を刺激して食欲を出すという効果があります。きちんと考えられて出されているということを知っておきましょう。

 

ちなみに梅干が食べられないという方もいますが、梅干の加工品である梅酢、梅肉エキス、梅酒なども同じような効能の食品となりますので、そういったものを摂取してみてもいいでしょう。食欲がない人にとっては梅干というのは貴重な食材であるということを覚えておきましょう。

 

食欲不振に有効なサプリメントは何か

 

食欲が出ないときというのはどういう時がありますか?まず、食欲がないことを食欲不振といい、さらにこの食欲不振になる原因というのは個人差があり原因というのも幅広くあります。例えば精神的に不安定で落ち込んでいたりすれば食欲は出ませんし、さらに夏バテなど暑さで疲れが蓄積されることによって食欲不振になることもあります。さらに、こういった原因以外だと病気の症状の一つとして食欲不振になることもあります。

 

食欲不振になるメカニズムに関してですが、体内のエネルギーが消費されると血糖値が下がり脂肪を分解するので、そこでエネルギーをまた生産しようとしますが、この際に摂取中枢の伝達がうまく行われないことが食欲不振の状態ということになります。

 

こういったときに食欲不振を改善するサプリメントを利用してみるのも一つの改善の方法になります。例を挙げるとビタミンB1やB2を含有しているサプリメントを摂取することによって代謝能力を促すことができて疲れや睡眠不足の際には効果があります。それ以外だとビタミンCが含有されたサプリメントもオススメです。ストレスでイライラが募ったり、情緒不安定の状態になると食欲が出ないということは多くあると思いますが、ビタミンCには抗ストレス作用がありますので、それによって食欲が促されます。

 

カプサイシンを含有しているサプリメントもありますが、カプサイシンというのは唐辛子の成分になります。唐辛子には食欲促進効果が期待できますので効果が出ることが期待されます。ただ、何にしてもサプリメントはそれぞれメーカーが定めている用法や用量を守って使うというのが重要になります。また、サプリメントは継続的に摂取しないと効果は出ないので飲み続けることが大切です。

 

食欲不振の対策にはスープがオススメ

 

食欲不振になってしまうと食べ物を食べても消化しきれないことがあります。いつもより食べていないのに食べ物を体が拒否してしまうということが続きますが、食事をして栄養を摂らないと体調も悪くなりますし、食欲不振も悪化してしまいます。そういった際にオススメなのがスープになります。スープなら食欲不振の状態でも摂取しやすいですし、栄養のあるスープなら足りない栄養素も補うことができますので、食欲不振の際にはしっかりと栄養のあるスープを飲むようにするといいでしょう。

 

とにかくまず大事なのはビタミンやミネラルなので、とにかく野菜を沢山スープに入れることがオススメです。レモン果汁であったりバジルなどもあればスープに加えることができます。トマトを使ったトマトスープなら作り方も簡単ですのでオススメです。トマトをお湯で茹でてコンソメキューブを入れて塩コショウで味付けするだけで完成になります。トマトはビタミンやリコピンが含有されているので、これだけでも栄養が非常に豊富なスープが出来上がります。それ以外にもスライスした玉ねぎに塩と胡椒とコンソメキューブをお湯で茹でるオニオンスープもビタミンB1が玉ねぎには含まれているので疲労回復効果が期待できます。

 

食欲不振に陥ってしまうと食べ物を見るだけでも吐き気が出たりする症状になるかもしれません。ですが、食事を少量にしていれば体力も落ちる上に病気を引き起こしてしまうこともあります。ですので、なんとか改善する方法を模索するということが大切なことになるでしょう。

 

食欲不振を改善する食べ物とは

 

食欲不振になってしまうと、食べ物が食べれないことでどうしても疲れやすくなってしまいます。そうなると集中力も低下してしまって私生活にも影響してくるでしょう。ただ、だからといって食欲不振で病院に行く必要があるのか悩んでしまって結局行かないという方も多くいらっしゃいます。それで改善すればいいのですが、悪化するケースもありますのでまず、病院に行くのを悩んでいるのでしたら自分でできる食欲不振を改善する方法を試しましょう。

 

改善方法としてまず考えるのが市販薬を使うということだと思います。しかし、薬となると抵抗がある方もいますのでそういう方は食欲不振に効果のある食べ物がありますので、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。まず、山椒ですが夏場などに食欲不振になってしまった場合、山椒を取り入れることで絶妙な辛さによって食欲促進します。唐辛子の辛さも食欲促進できますので食事に加えてみてください。

 

次にブドウ糖、クエン酸、リンゴ酸が成分であるあんずもオススメです。これらの成分が胃腸を活発にして胃液の分泌を促しますのでそれによって消化作用がはたらき内蔵機能を整えます。これら以外にも生姜の辛味が食欲を高めますし、梅干しも酸味が消化器官を刺激して消化吸収の力を高めて食欲不振を解消します。このように食べ物によって食欲不振を改善することができますが、これらを食べるのも億劫になるほどの食欲不振に陥っている場合に関してはすぐに病院で受診することをオススメします。

更新履歴