夏バテで食欲不振になった場合

夏バテで食欲不振になった場合

暑さによって夏バテになる方も多いですが、それによって食欲が減退してしまうという方は多いと思います。そんな夏バテによって食欲がなくなってしまった方の注意点と対策について説明します。

 

まずどうして夏に食欲不振に陥ってしまうのかという原因についてですが、これは夏バテの典型的な症状の一つになります。気温の変化についていけずに自律神経のバランスが崩れてしまうことで引き起こされます。それによって冷たいアイスや飲み物ばかりを摂取してしまうことで悪化します。もちろん食欲不振の際に愛すは栄養補給として有効な場合もありますが、冷たいものばかり食べるとイチョウが冷えてしまって機能低下を起こし、さらなる食欲不振を招いてしまいます。

 

ただ、冷たいものを摂取したいというのは当然のことなので飲み物などを飲むのはいいのですが、胃腸のことを考えて少しずつ飲むなどをしてください。また、夏バテの際には胃に負担をかけない食べ物を食べるということが大事なことになります。梅干やトマト、柑橘類などもオススメです。うなぎなどスタミナ料理も夏バテに効果があると言われていますが、胃が弱っている場合には胃に負担を掛けてしまいますので逆効果になってしまいます。ですので、とにかく食べやすく、胃に負担をかけないものを食べるといいでしょう。

 

また、胃腸を温めるということも食欲が出る一つの方法になりますので、白湯などを飲んで胃腸を温めるようにするということも大切です。それによって血行促進して機能回復するでしょう。お風呂も出来るだけ湯船に浸かるということが大切になります。