更年期の食欲不振について

更年期の食欲不振について

30代までは食欲旺盛だったのに更年期になると食欲がなくなってきたという方や、胃腸の状態が悪くなってきたという方が増えてきます。更年期の食欲不振の原因というのはエストロゲンという女性ホルモンの減少が多いとされています。その理由は胃腸が働くのは自律神経の副交感神経が優位になったときですが、エストロゲンの分泌量が減少してしまうと自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になってしまい胃腸の不調や食欲不振になってしまいます。

 

さらに食欲不振というのは強い不安、鬱、睡眠不足、夏バテなどによって引き起こされることもあります。ほかにも運動不足、アルコールの過剰摂取、脂肪分が多い食事の過剰摂取、喫煙などの原因もあります。一時的な症状であれば問題はありませんが、食欲不振が続いてしまう場合、もしかしたら胃潰瘍や胃がん、さらに甲状腺の病気である可能性もありますので、異常だと感じたら医師の診察を受けてください。

 

食欲不振の予防や対策に関してですが、まず生活習慣を整えてください。正しい生活をすることで自律神経が乱れにくくなり食欲不振の改善が期待されます。食事の時間や睡眠時間、さらにお風呂もゆっくりと浸かるようにしましょう。その上で適度な運動をするということも大切になります。体を動かしてエネルギー消費することによって食欲が出ることがあります。無理をせずにウォーキングや軽いジョギングなどを30分間くらいするだけでもいいでしょう。

 

もちろん食べ物にも気を使って出来るだけ消化がよく栄養が豊富な食材を食べるようにしてください。それを続けることによって食欲不振を改善することが期待できます。